2012年04月27日

「条件付き受け入れ」 川越市 がれきで正式回答

「条件付き受け入れ」 川越市 がれきで正式回答
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120427/CK2012042702000118.html?ref=rank
東京新聞より。


東日本大震災で発生したがれきの広域処理問題で、川越市は二十六日、条件付きで受け入れる方針を県に正式回答したと発表した。川合善明市長は先月、がれきの受け入れ表明を求める市議会の決議を受け「前向きに検討したい」としていた。

 川合市長は「(放射性セシウムの)基準値を超える焼却灰が出た場合、がれきの発生地か国が引き取ること」を絶対条件としていた。だが回答では「国の基準値(一キロ当たり八〇〇〇ベクレル)では民間の最終処分場やリサイクル工場での処理が困難」とし「一定以上の放射性物質が検出された場合は、国が責任を持って対応すること」と条件を引き上げた。

 市は焼却残渣(ざんさ)に含まれる放射性物質の「一定以上」の基準値を独自に設ける方針で、基準値によっては受け入れが困難になる可能性を残している。

 市は本年度に見込まれる焼却残渣約一万トンのうち、約五千トンを民間リサイクル工場に回す計画だが、「震災がれきを焼却した場合、受け入れ先を見つけるのは困難」としている。 (中里宏)

posted by ぱわふる at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がれき広域処理問題(川崎教育会館) 池田こみち・奈須りえ講演会

池田こみち 広域処理の必要性・妥当性・正当性の関連からの評価 E-wave




奈須りえ 災害廃棄物広域処理の課題〜政策評価の観点から〜 E-wave




がれき広域処理問題(川崎教育会館) 池田こみち・奈須りえ講演質疑 E-wave





posted by ぱわふる at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄がれき広域処理問題学習会

国の自治体への「がれき広域処理」要請が、沖縄県でも大きな社会問題となっている。

2012年4月7日、沖縄大学で@桜井国俊沖縄大教授、A青山貞一元東京都市大学教授、-B矢ヶ崎克馬琉球大学名誉教授の3名を講演者として迎え、質疑を含め4時間におよぶ緊急学習会が行われた。


沖縄がれき広域処理問題学習会 @桜井国俊沖縄大学教授 E-wave




がれき広域処理の背景と問題点 A青山貞一(元東京都市大教授) E―wave




沖縄がれき広域処理問題学習会 B矢ヶ崎克馬琉球大学名誉教授 E-wave




沖縄「がれき広域処理」問題講演会の概要―青山貞一
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-democ0007...html




posted by ぱわふる at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災がれき広域処理を考えるシンポジウム ― 法的問題・安全性を問う

『震災がれき広域処理を考えるシンポジウム ― 法的問題・安全性を問う』が開催されました。
http://kouikishori.jimdo.com/

講演内容の書き起こしはこちらから。
http://kouikishori.jimdo.com/資料ダウンロード/

[時間] 2012年3月11日  12:00-16:00
[会場] 明治大学リバティタワー1階1011教室
[主催] 震災がれきの広域処理を考えるシンポジウム実行委員会

[内容]
第一部 
永倉冬史氏  「災害廃棄物の分別のアスベストなどの有害物質からの問題点について」
池田こみち氏 「災害廃棄物広域処理の環境面からの妥当性について」
奈須りえ氏  「財政・地方自治制度・民主制度の論点から」
小島延夫氏  「広域処理の法的問題」


第二部     現地からの調査報告
        パネルディスカッション・質疑応答

東日本大震災から一年。災害廃棄物の広域処理が被災地支援として広がろうとしています。

一方で、放射能汚染などの問題から、安全面に不安があるとして各地で反対運動が行わ-れています。そこで、各分野の専門家に、それぞれの立場から広域処理に係る問題点についてご発言いただき、広域処理のどこに問題があるのかを総合的な視点から話しあう場に-します。

第二部では現地からの調査報告及び質疑応答をしています。



震災がれき広域処理を考えるシンポ 講演1:永倉冬史 E-wave Tokyo





震災がれき広域処理を考えるシンポ 講演2:池田こみち E-wave Tokyo





震災がれき広域処理を考えるシンポ 講演3:奈須りえ E-wave Tokyo





震災がれき広域処理を考えるシンポ 講演4:小島延夫 E-wave Tokyo





震災がれき広域処理を考えるシンポ 現地調査報告 E-wave Tokyo





震災がれきの広域処理について考えるシンポ 第2部 質疑応答









posted by ぱわふる at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今、東日本で何が起きているか(1)

私のお友達の協力を得て、311以後生活がどう変わったか、どんな体調不良が起きたか、また今も続いているかを書いていただきました。

東日本の方の生の声をどうぞ聞いてください。

=========================================
東京23区内 50歳代 女性

1・311後、生活がどう変わったか。

被ばくを避けるために、衣食住すべてが「放射能シフト」しました。とくかく、そのための時間と手間が大変です。

◆衣 服は毎日洗濯しないと金属臭を帯びます。家で洗濯できないものは極力着ないようになりました。コートなどは玄関にかけ、頻繁にクリーニング。今年の冬は家で洗えるダウンコート利用。引き出しの衣類も洗濯後はすべてビニール袋に。

◆食 西日本や外国の食材を求めて買い出し、もしくはネットで取り寄せが必要となったためエンゲル係数が上がってます。水は、RO浄水器設置し、ペットボトル水と併用。これにも費用がかかります。

◆住 水拭き掃除が基本。掃除機はホコリ(セシウム等を含む)を舞い上げるのでほとんど使わず。外から来る宅配物も金属臭を帯びているので、外箱から水拭きする必要があり、非常に疲れます。雑巾をどれほど使い捨てたことか。郵便物も新聞も新刊書も、家の中でホコリがついている本や衣類もすべて金属臭を帯びるようになっています。家の中でもマスクなしには過ごせません。就寝中もマスクです。

2・どんな体調不良が起きたか。また今も続いているか。特にお子さん。

◆自分の症状ですが、3月〜7月くらいまでは、外で1時間以上過ごすと翌日必ず下痢し、その後も軟便状態が長く続きました。極力タクシー移動にしました。

◆311以後初めて窓枠を掃除したとき、素手で水拭きしたら指の皮膚に小さな穴がいくつもあき、そのあと数日間ボコボコに腫れました。またその際、マスク越しに吸い込んだものが鼻を刺激、鼻血が出ました。掃除の翌日は下痢。

◆私と息子(18歳)は5月くらいから目の飛蚊症が増えました。

◆付き合いの外食でコース料理(自分で食材を選べないタイプ)を食べると、翌日下痢した経験は何度もあり。

◆腕や足に不可解な紫斑が出来たこと2回。また片足に結節性紅斑のような腫れがいくつも出来たことも。いずれも生まれて初めてのもの。

3・どんなことで苦労しているか。(水や食べ物なども含めて)

◆放射能のない安全な食材と水の確保。安全な食材にしたら下痢しなくなったので、これができるかどうかが自分の生命線。

◆家の中での放射性物質との戦い。ホコリはすべて放射性物質を帯びているので、拭き掃除、本棚の本の処分、衣類の隔離、買い物の拭き取りなど、本当に大変。
(なお、線量計で測定すると家の中の放射線量は東京都発表の数値の2〜3倍が実態。家の中はモノが多いので、モノに付着した物質の数値が反映される。とくに繊維と紙類。衣類、カーテン、書籍や雑誌、新聞紙、書類などは放射性物質を帯びやすい。このあらゆるものとの戦いです。吸い込みによる内部被ばくが一番こわくて、0.1μSv台の外部線量を浴びること自体は、もうあきらめています。)

4・東京が瓦礫を受け入れて焼却しはじめてから、どういう影響を受けているか(体調も含めて)

東京都のごみ焼却灰や下水汚泥に非常に高い放射線量が報告されるようになった昨年5月末から、大気の金属臭がひどくなりました。当然、家の中にも侵入してきて今のひどい状態があります。放射性物質を帯びたゴミの焼却によって、非常に細かい粒子や気体などが再拡散して、2次汚染が進行しているのではないかと想像してます。実態を調査してほしい。ここに東北の瓦礫焼却が加わっているので、環境中の放射性物質はさらにその分だけ増えているはずです。とにかく「燃やすことは絶対ダメ」です。せめて隔離して埋め立ててほしいです。人が大勢住んでいる都心で焼却していること自体が信じられません。

(福島と違って東京は何も注意喚起されていないので、昨年秋くらいまでは子どもたちは砂場で平気で遊んでいました。秋以降、保護者たちの要求でやっと調査され、0.23μSv以上の砂場は砂の交換となりましたが、23区では交換されたものが多い。それほど汚染されていたのです。が、対策があまりに後手なので、すでに子どもたちは多く被ばくしていると思われます。)

5.安全な食べ物や水をどうやって手に入れているか。

大きなバッグを持って都心のスーパーやアンテナショップを回り、西日本や外国食材を探して歩きます(親から聞いていた戦時中の買い出しを思い出します)。足りないものは、放射線検査をしている食材宅配や、ネットで探した九州の宅配などに頼っています。

6.移住希望の方の場合、それの足かせになっているのは何か。

家族、学校、仕事。家族に病気があるので、簡単に医者を変えるわけにいかずネックです。 また、高齢の親がいたり、仕事のつてがあったりと、今の生活すべてを捨てざるを得ないことへのためらいがあります。本当は、掃除や食材確保に明け暮れ、それでも多分内部被ばくをし続けている生活から自由になりたいです。




シリーズとしてこれからも東日本に住む方の生の声をアップしていきます。



posted by ぱわふる at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌仲ひとみ最新作『内部被ばくを生き抜く』

生き抜く1.JPG

生き抜く2.JPG



鎌仲ひとみ最新作『内部被ばくを生き抜く』予告編



山口県でこの『内部被ばくを生き抜く』の自主上映会をやりませんか?
まさに今見るべき映画だと思います。

『内部被ばくを生き抜く』HP
http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

鎌仲ひとみさんからのメッセージ

未知なる危機に備えて 監督 鎌仲ひとみ

2011年3月に起きた東北大震災によって原発が4つも爆発してしまった、その後の世界に私たちは生きている。
大量の放射性物質が放出され、広範囲に拡散したことは解っているが、ではどれだけ出たのか実は正確な情報がない。
放射性物質は環境に溶け込み、生態系に入り込んだ。
呼吸や汚染された水・食品を通じて引き起こされる内部被ばくは、この時代に生きる私たち全員の問題となった。
これからいったい何が起きるのか、正確に予測できる人は実はいない。
ただできることはありとあらゆる情報と可能性を吟味して、


「命」を守る努力をするということだ。

放射能は様々な局面で「命」の脅威となりえる。
私たちは生き抜かねばならない、

そのためのささやかな助けとなればとこの作品を作った。




映画と一緒に鎌仲ひとみさんのトークショーがあればもっと素敵だな☆


posted by ぱわふる at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 内部被曝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。