2012年04月28日

がれき灰の業者搬入想定せず

がれき灰の業者搬入想定せず

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201204260055.html

山口県市長会は25日、山口市で定例会を開き、東日本大震災のがれき広域処理の廃棄物受け入れ基準や処理方法を明確化した国の告示について、県から話を聞いた。

 門田栄司環境生活部長が、広域処理要請量の約4割が12都府県に割り当てられた現状などを説明。焼却灰をセメント原料に加工している山口エコテック(周南市)への搬入は「想定していないと聞いている」とした。

 質疑で、防府市の松浦正人市長は「県が重い腰を上げるころには(がれき処理は)ほとんど終わっているのではないか」と指摘。告示で「灰は最終処分場で埋立処分」と規定されたことに対し、「処分場がないが、どうすればいいのか」などの声が出た。

 環境省は17日に災害廃棄物処理特措法に基づき広域処理のガイドラインを省告示していた。可燃物は高機能な排ガス装置(バグフィルター)がある施設で焼却し、灰は最終処分場に埋立処分▽焼却灰の放射性物質の濃度を月1回程度測定▽最終処分場の敷地境界で空間放射線量率を週1回程度測定―などと定めている。
posted by ぱわふる at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射性物質以外に瓦礫に含まれていると思われるもの

放射性物質以外に瓦礫に含まれていると思われるもの

瓦礫焼却灰から基準を大幅に上回る六価クロム(岩手県一関)
http://goo.gl/my5E5
放射性物質を全国に拡散する事は絶対にしてはいけないというのが私の考えです。

そして、これは瓦礫を受け入れる全国の自治体だけの問題ではないと思います。
このような、有害物質が外気に漏れ出さないように、
また、焼却灰の中に入ったまま、無造作に埋めないように、
放射性物質の測定はもちろんですが、
他の有害物質もきちんと調べてから焼却して欲しいと思います。


環境総合研・池田副所長
「津波によって流されたがれきは、油類や農薬類などの有害物質を吸収している。
日本の焼却炉における排ガス規制は、ヨーロッパに比べて非常に甘い。
規制されているのは窒素酸化物、ダイオキシン類など5項目にすぎず、重金属などは野放しだ。
こうした未規制の物質が拡散する恐れがある」
とおっしゃっています。
「被災地瓦礫の処分」 池田こみち環境総合研究所副所長の提言(2/15東京新聞こちら特報部)より

1月31日、一関地区広域行政組合大東清掃センターごみ焼却施設の焼却灰から 六価クロム化合物含有量が1リットル当たり7・82ミリグラムと基準値(同1・5ミリグラム)を 大幅に超えたとの報告がありました。


六価クロム 基準値大幅に超す
岩手日日新聞社 (02/01)

一関地区広域行政組合大東清掃センターは31日に開いた同センター公害防止対策協議会で、
同センターごみ焼却施設の焼却灰の六価クロム化合物含有量が1リットル当たり7・82ミリグラムと基準値(同1・5ミリグラム)を大幅に超えたことを報告した。

2011年12月9日に受け入れを開始した被災地のがれき焼却が影響したとみており、1月6日以降受け入れを停止している。

同センターは県の委託を受けて大槌町大槌地区仮置き場の可燃ごみの受け入れを行い、昨年12月に約151トン、1月5日に約9トンを搬入した。

六価クロム化合物の含有量が基準値の5倍以上になったのは昨年12月21日に採取した焼却灰。同センターは薬剤処理が不十分だったことが原因とみており、基準値超過の判明後、がれきの受け入れを停止したほか
焼却灰の他機関での再検査、処理薬剤の添加量を増やすなどの対応を取った。

大槌町のがれきは年度内に240トンの受け入れを予定しており、同センターは安全性を確認した上で受け入れを再開する方針。

今後は東山清掃センターに埋設済みの焼却灰の再処理を行い、 六価クロム化合物の溶出試験を月2回、東山清掃センターからの放流水の検査を月1回行うという。

六価クロムは強い毒性があり鼻中隔穿孔(せんこう)やがん、皮膚・気道障害などの原因になるとされる。


========放射性物質以外に瓦礫に含まれていると思われるもの

■ ヒ素

ヒ素を含む海の泥が三陸沿岸に打ち上げられていることが、東北大の調査でわかった。
ヒ素の環境基準(水に溶け出すヒ素の量が1リットルあたり0.01ミリグラム以下)を超えた地点があるのは 岩手、宮城の両県で岩手県の大船渡港では基準の5倍超、野田村や宮城県の岩沼市と名取市で約4倍。
宮城県気仙沼市の住宅地に有害物質のヒ素を含む大量の土砂が流出した問題で、菅原茂市長は11日、井戸や沢の水から環境基準を超えるヒ素が検出されたと発表。ヒ素は5〜50ミリグラムを摂取すると中毒症状を起こす。

■ フッ素・ホウ素

仙台市や宮城県石巻市など12地点の表土や地下30センチの土壌を採取。ヒ素は半数の6地点で基準を超え、最も高かったのは2.2倍。フッ素は3地点で超えたが、いずれも2倍未満。ホウ素は1地点で1.6倍。

■ 重金属・有機スズ化合物

三陸沖の海底にたまっていた重金属や有害物質が津波で陸上まで運ばれた可能性があるとして、東北大が1日、調査に乗り出した。岩手県から福島県北部までの津波浸水域で、泥を採取して分析する。東北各地にはかつて多くの鉱山があり、ヒ素や重金属が川を通じて海へ流れ込んでいた。現在は使用が規制されている有機スズ化合物が船底の塗料に使われている。

■ アスベスト(石綿)

東日本大震災の被災地でアスベスト(石綿)が飛散していないか確かめるため、近く調査に乗り出す。
アスベストが全面禁止になった2006年までに建てられた建物には、建材として使われている可能性がある。

■ 油・メタンガスの巨大タンク、薬品が入ったドラム缶

宮城県の沿岸部を中心に、工場などに保管された毒性の強い薬品や可燃性の化学製品が各地で流出している。

■ シアン化合物・臭化メチル

石巻市内で、防虫用に保管されていたシアン化合物のドラム缶2本が発見された。殺虫剤などに使われ、毒劇物取締法で劇物に指定されている臭化メチルのボンベ125本なども流出。

■ 硫酸・塩酸

賀城市と仙台市にまたがる化学薬品販売会社・木田株式会社(本社・東京都)の流通センターが津波に襲われ、薬品を小分けしていたポリ容器約2300個が建屋ごと流された。このうち1100個には塩酸、硫酸などの劇物が入っており、約700個は回収されたが、約400個の行方が分かっていない 。

■ 病原性微生物・有害物質

大津波が運んだヘドロは病原性微生物や有害物質を含む恐れがあり、注意が必要。

■ 危険な微粒因子

石巻赤十字病院の矢内医師は、震災後に発生した悪臭は、地域の大気汚染の激しさを物語ると言う。石巻市の工業地域、日本製紙の工場は、港湾の片付け作業は、まだ開始されておらず、工場から出た廃棄物は、依然として放置されたままとなっている。この工業地域では、大気が肺炎を起こす致死微粒因子により汚染されている。




六価クロム毒性

強い酸化作用から、六価クロムが皮膚や粘膜に付着した状態を放置すると、皮膚炎や腫瘍の原因になる。
特徴的な上気道炎の症状として、クロム酸工場の労働者に鼻中隔穿孔が多発したことが知られている。
これは飛散した酸化剤や顔料などの六価クロムの粉末を、長期間に亘って鼻腔から吸収し続けて、鼻中隔に慢性的な潰瘍が継続した結果と考えられる。

また、発癌性物質としても扱われている。多量に肺に吸入すれば呼吸機能を阻害し、長期的には肺癌に繋がる。消化器系にも影響するとされ、長期間の摂取は肝臓障害・貧血・大腸癌・胃癌などの原因になりうる。

六価クロムを粉末状で取り扱う職場は周囲への飛散を防いだ上に、目・鼻・口に入らないよう厳重に管理し、
皮膚や衣服にも付着したままで置かないように厳重管理することが必要である



posted by ぱわふる at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 広域処理してはいけない理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民と科学者の内部被曝問題研究会 総会&シンポジウム

4月22日に『市民と科学者の内部被曝問題研究会 総会&シンポジウム』が開催されました。

iwjで動画が公開されていますので、是非ご覧ください。



特に1時間41分からの小児科医 山田真氏、1時間58分からの函館の内科医 堀口氏、2時間7分からの千葉の内科医 柳沢裕子氏、2時間22分からの水俣の内科医 板井八重子氏を是非ご覧ください。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/12438

沢田昭二(物理学者)         「放射線内部被曝研究の現状と課題」
矢ヶ崎 克馬(物理学者)        「内部被曝の基礎」
大沼 淳一(市民放射能測定センター) 「食の安全、データの正しい評価」
岩田 渉 (市民放射能測定所)      「フクシマの第一線から」
山田 真(小児科医)         「子どものいのちを守るために」
堀口 信(内科医)          「遠隔地で福島からの避難者に寄りそって」
柳沢 裕子(内科医)         「相談現場から」
板井 八重子(内科医)        「ミナマタからフクシマへ」
石田 伸子(子ども全国ネット)    「フクシマからの声」

以下は私のお友達がツイッターや動画からまとめてくださったものです。

■ 大沼淳一(市民放射能測定センター)「食の安全、データの正しい評価」
・底ものは汚染値変わっていない。ヒラメカレイなどなど。計れば計るほど出る。
・愛知県の衛生研究所はエライ!! ストロンチウムも長年測定してた。貴重なデータ。
・青年の家みたいな公共施設に1万人の子供たちを担任教師の引率で40日間30万人を年間2回保養させることができる
・年に2回、40日の避難で子供の被曝量は半減する。
・同じ事は戦時下にそれ以上の学童疎開を即座に実施している。
・「引受けるのは瓦礫でなく、子供達だ」
・学童疎開、戦時下に23万人が二ヶ月で移動

全国に測定所が80くらい立ち上がっている。測るためにはボタンひとつだが、データ解析は専門家が必要。
月100件 年1200件 x 80箇所で 96000件  117000件(国)
ベラルーシ3万件/日 検査されていること。

■ 岩田渉 市民放射線測定所   福島に入って活動  フクシマネットワークと
 この期に及んで給食は地産地消におかれていた。
 未だに不安を煽るとか、風評被害だとか。責任を被害者に押し付けることに。
 福島市校庭 爆発当事 放射性ヨウ素300万ベクレル/m2くらいであっただろう。
 飯館村酪農家にインタビュー 一ヶ月で5mSv被曝
 食品測定ワークショップ
 有機農業の今後
 福島高校科学部
Total cesium emission in one hour (放出続いている)
on 2012/01/29 72,000,000Bq/h
on 2012/02/27 10,000,000Bq/h
4号機が倒壊しても避難プログラムがあるのか。
To the ocean 5600TBq of total cesium have been diffused into the ocean
チェルノブイリとの比較 37000Bq/m2以上(管理基準) 福島1/3くらい ベラルーシより多い

■ 山田真 (小児科医) (子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク代表)
 4/28 いわき市で健康相談会開催 定員70名に対して21名参加

・福島ではほとんど子供の診察をしていないのが実情。福島に行くと思ったことがほとんどできない。(絶対に疫学調査が必要。何かが起こっていると言えない。)
検査だけして、何もコメントをつけない。全部無駄になっている。推測できるデータを持っていない。許容量というものは言えない。
内部被曝のしきい値など、恣意的な物で、やむを得ず決めた物に過ぎない。定量など、誰にもわからない。
・国に求めてやらせるしかない。調査をさせ、全てのデータをオープンにさせる。
・福島の医師会は特別。福島市内は大丈夫と抑えることが県や国の目標であろう。
福島の今の状態は7月ぐらいから戒厳令というか自由にものが言えない状態になっている。
・渡利地区で相談に来たおじいちゃん、室内で20μSVくらいあるところがある。そんな地獄のようなところに孫と二人で住んでいて、自分が甲斐性がないためにと嘆かれた。大変な線量の中で生きておられる方が。気にすると生きていられないので、気にしないように決めてしまった人が多い。何でもないという事が将来大丈夫だと言われてしまうことは非常におそろしいことだから、何でもないと言われることは将来を補償されることではないことを。
相談会に来る方が段々少なくなっている。相談しても何も得られるものが無いからではないかと重い気分。
・東京でも相談に来る人が少ない。福島出身であるというと差別される直感。これから生きていくうえで、どんなことが起こりそうか分かっておられるのではないか。
・時間をかけてのコミュニケーションが必要。すべての方になんらかの対応ができれば。

■ 堀口信 (函館 内科医) 
「北海道で健康診断。県外避難者に対しどういう形でサポートすればいいかと思い参加。1800人の福島からの避難者。鼻血、下痢、リンパの腫れ、脱毛、吐き気、首のしこりetc」

・「子供を被曝させてしまった」という後悔に苛まれている人が多い。後悔している場合ではありません。貴方は悪くない。被曝症状を語れないのには、差別以上に受け止めて貰え無い暗黙の不安の方が大きいと思う。
北海道で健康診断。爆発直後外に出てた。鼻血、腹痛、嘔吐、風邪治らず、蕁麻疹、口内炎、アレルギー結膜炎、脱毛、首のしこり、免疫弱くなった等。子供を被曝させたという後悔、福島に残した家族の心配など。圏外避難者が相談や受診できる様にしてほしい。
被曝かどうかの議論は後でいいんだと思う。今は現実に軽くない病気の人がいるんだ。

■ 柳沢裕子(千葉県 内科医)「相談現場から」命を守るという側で医者の団結を作らないと内部被曝の隠蔽は変えられない」
・命守る医師の立場が安全か安全じゃないか大きく二分してしまってる。数人でも話はできるし命を守る側の医者の団結作りたい。内部被爆隠蔽、くつがえしていかなければ改善はできない。
・「取り越し苦労も」「呑気な不作為」も解決するのは「情報公開」と「徹底した検査と調査」しかない。行政や医師は真摯に考え無くてはならない。

■ 板井八重子(水俣 内科医)「ミナマタからフクシマへ」

・医師3年目で水俣の診療所へ。それから20年。胎児が水銀に汚染され流産や死産があるのではと発表した人がいる 問診だとその例多かった。
・往診してた胎児性患者さん29歳で亡くなった 解剖させてもらったら後頭葉への水銀沈着。腎臓尿細管にも。
・「メチル水銀の胎児への影響。劇症患者が発生していた2地域。9人の子を妊娠した女性。最初の子と7番目(妊娠中もその後も魚食べなかった)子だけが元気でそれ以外は流産」
・「異常妊娠率、二地域と非汚染地域と比較。汚染地で26%もの断トツの異常妊娠率が見られた。濃厚汚染時期とそれ以後も異常妊娠率が高い。事実として被害があっても疫学で証明難しい」
・「疫学研究における因果関係の証明」の困難さ・・ 胎児性患者として産まれることさえできなかった数をどうひろうか
水俣も、魚介を大量に摂取していた人から健康被害が発生し始め、何年か経ってから海岸から離れた居住者にも出た。多分放射能も同じだ。
・濃厚汚染時期と胎児性患者グラフ ドットはへその緒のメチル水銀量 異常率をグラフにすると濃厚汚染時期の後にもピークが一旦減るのは生まれてないから
水銀の為に妊婦のマグロの摂取規制があることをあまり知られていないと思うが、その一方でマグロの線量が検査されていらいということはもっと知られていないのではないだろうか。
大きな魚を敬遠しても ツナ缶には油断する。

■パネリスト最後は、石田 伸子さん(放射能から子供を守る全国ネットワーク事務局) 「フクシマからの声」

・子ども達を放射能から守る全国ネットワーク「サロンや健康相談会を開いている。ママレボという本を発行。ママレボリューションの略。報道は学校再開、桜が咲いて良かったねと一面化してきてる
・内部被曝研を転機にしたい 千葉では0.23μ以上は除染と言ってる 福島だと庭が10μ、子ども部屋は0.7μだったりする 国はどういう基準なのか。
・放射線管理区域では○○ダメと決まっていて、それがなくなったワケではないのに。2.7μ以上は妊婦子どもは避難と そんなに高くないと避難できないのか。
・福島市内では、どんなに線量がたかくても、避難勧告の指定がされない。経済的な思惑からのWスタンダード基準、それが1年以上続いている。子どもの避難もなされないまま。
・突然公園に除染残土が捨てられてたり 地産地消を積極的に勧めてる地区も 親の声を聞く機会をもうけて、と言っても反対多数で否決。
福島は庭が10マイクロなどざら。命にかかわる基準。震災前は放射線管理区域人々は守られて来た。事故が起こったとたん我慢させられている。経済優先で人口の多い所は避難指定されない
・お母さんたち、次から次へと問題が起こるたびに訴えるけど門前払い
福島の病院にあるwbcの購入経緯を誰か調べた方がいいと思う。
郡山で健康相談会に参加、親御さんが持ってこられるデーターはセシウム134,137それぞれ検出限界が300ベクレル。それで預託線量はこれこれだから安全という。ひどい話。
・(この状況では)負けちゃうか開き直るかどっちかしかない とお母さん達の声 安全危険で分かれてるのでない 笑ってれば大丈夫と思ってる人いない。
・「安全神話で笑っていれば健康だなんて思ってられない。毎日の水、食べもの、運動会に出すか、遠足に行かせるか考え続けるのは辛い。どうでも良くなる。開き直らないとやってられなくなる」
福島県がセシウムの検出限界値を300ベクレルと高く設置して子どもを診断して不検出と安全という。
「500万円かけて測定器を買った人が居る。近所の農産物から出ちゃう。すると、『なんでそんなもん測るんだ』と言われ、なんとなく測れなくなる」
「高校生が相馬でボランティアで復興に尽くそうと行こうとするが母が止める。親子で対立が起きる。立派な娘さんですね、というとお母さんが泣く。学校が安全だと強力に子ども達に教える」
「学校が安全だという事を子供達に教えている。」
・福島の子供達にこれから何が起きようが、国は放置する。水俣に学べ
・政府の言い分と、勉強して知った被曝の見解に大きな解離がある
・最初の半年で26万人減少の日本。5年後10年後、とんでもない事になってても不思議じゃない。福島、何万人減れば廃県となるのか?






posted by ぱわふる at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 内部被曝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。