2012年05月12日

小出裕章先生へのお願い(タイトル変えました)

関東全域で健康被害広がる〜500件の異変報告から

昨年の7月19日のニュースですが、関東全域で起きている健康被害がわかりやすくまとめられているので転載します。

私自身はここにあげられているより症状がひどく、311後の黒い雨に濡れてからできた大きな疱疹(出血しなかなか治らない)、痛みを伴う広範囲の小さな疱疹、腋の下のリンパの腫れと乳腺の炎症、1カ月間とまらない喘息様発作の他に、下痢と発熱、頭痛、紫斑はしょっちゅうありました。

3月のある夜、窓を開けると金属の味がして、とても怖かったです。それまで他の人が「金属臭がする」「金属の味がする」と言っても本気にしなかったのですが、自分で体験してほんとにぞっとしました。

さらに我が家の愛犬は大量に鼻血を出し、もう一頭は私と同じタイミングで体に疱疹が。311後犬や猫の急死も報告されています。地面に近いところにいるので、より被曝量が大きいのでしょうね。


この頃、尊敬する小出裕章先生から50禁、60禁のお話をうかがって「原発を容認してきた責任をとって汚染された食材を食べなければならないんだ」と思って食べていたことも、あとで考えると内部被曝をひどくしたと思います。

ある年齢以上の人は放射能の感受性が低いというお話も、その頃は信じていました。しかし、高齢になると免疫力も低下するんですね。高齢の方々がばたばたと倒れていってから、私も食べ物に気をつけるようになりました。高齢者も乳幼児も気をつけるべきだったのですね。すべての年齢の方が性別にかかわらず気をつけるべきなのです。

小出裕章先生には事故直後、原発についての詳しい情報を出し続けてくださったこと、永年反原発活動を続けてこられたことで、今も尊敬していますが、この内部被曝の問題は大変重要で、個人差や基礎疾患の有無、アレルギーの有無などが大きく影響し重篤な症状を招くので、是非これからは60禁、50禁、40禁、30禁、20禁、10禁という年齢に応じて食べて責任をとるべきという発言はやめていただきたいと思っています。それを信じて食べて、体調に異常をきたす人がこれ以上でないためにも。

被災地の一次産業を守ると小出先生はおっしゃいますが、汚染された作物を作り続ける生産者さん自身も被曝しています。汚染された場所で汚染された食べ物を作り続けること、またそれを食べることは、原発を廃止するために何のプラスにもなりません。

また「福島の子どもたちを守るために瓦礫を広域処理すべき」と小出先生はおっしゃいますが、福島以外にもたくさんの子どもたちがいて、一次産業があります。すべての子どもたちを守り、奇跡的に汚染が少なくてすんでいるところの一次産業を守るためにも、汚染されたところに今も住んでいる子どもたちやそのご家族、すべての人々を汚染の少ない地域に受け入れるのが守るための一番いい方法ではないでしょうか?

小出先生には是非ご一考いただきたいです。


関東全域で健康被害広がる〜500件の異変報告から
投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 07/19/2011 - 06:40
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1171

福島第一原発事故から4ヶ月。今、福島県や関東全域で、体調の異変を訴える人が増えている。鼻血や下痢、倦怠感ー。OurPlanetTVに寄せられた550件の異変報告を集計すると、子どもに限らず幅広い年代で、普段は見られない症状が出ていることが明らかとなった。
 
寄せられた様々な体の異変

今回集計したのは、6月18日から6月30日までに寄せられた550件を集計したもの。健康に不調を訴えている人は0歳から87歳までと幅広く、平均年齢は30.47歳だった。
 
寄せられた症状の上位を見ると、1位は喉の不調で172件と体調不良を感じた人の3割がこの症状を訴えていた。また、2位の鼻血は106件で2割に上る。しかも、単なる鼻血ではなく、「夜中に鼻血が突然出て止まらない」「ここ何年も鼻血など出したことがなく、ぶつけたわけでもないのに突然鼻血が出た」など、深刻な報告が少なくない。このほか、3位の下痢が97件、4位の倦怠感 が83件、5位のが61件。以下、鼻の痛み・鼻水ー50件、頭痛 ー42件、目の腫れー39件と続く。

体調1.bmp

寄せられた内容には「普段は便秘がちなのに下痢が続いた」「喉のイガイガがずっと続いている」など、原因がわからない症状を訴える人が多く、病院に行って検査を受けた人のほぼ全てが、特に異常がないと言われている。
 
また、アトピーなどのアレルギーの悪化や完治していた病気などの再発生理の不調ほくろや紫斑ができるなど、ストレスなどとは到底無関係の症状も多数報告されている。この他、放射能との関連はわからないとしながらも、福島県内の2人の女性から、安定期に流産した、出産直前に死産したなど、胎児に関する報告があった。
 
アンケートの結果を大別すると、鼻血、喉の不調、咳、鼻の痛み・鼻水などの「粘膜系の異変」下痢、倦怠感、頭痛などの免疫力の低下のよる異変」の二つに分けられる。長年、チェルノブイリの子どもたちの保養運動に取り組んできた「チェルノブイリのかけはし」代表の野呂美加さんによると講演会などで母親から質問される子ども達の症状も同様のものが多く、チェルノブイリで汚染された食べ物を食べている子供たちの症状ともそっくりだと話す。
  
チェルノブイリの子ども達が抱える免疫力の低下

野呂さんが活動の拠点として来たベラルーシでは現在、健康な子どもが少なく、100人中98人が何らかの健康障害をもっていると言われているという。子ども達はひとたび免疫力が低下すると大きな病気に発展する虚弱な状態で、長時間の授業にも耐えられないため、授業時間を45分から25分に短縮している場合もある。
 
野呂さんは「放射能の影響というと、がんや白血病ばかりがクローズアップされるが、それはあくまでも頂点であって、その下には、様々な病気や健康を害している人がいる」と指摘。チェルノブイリでは、子どもたちは”病気の花束”を抱いていると言われ、今回のアンケートでも寄せられた「疲れやすい」「アレルギー症状の悪化」「目が腫れる」などといった症状の子どもは非常に多いという。
 
日本では、事故後、鼻血などの症状に対して、多くの医師や研究者が、放射線とは関係ないと因果関係を否定してきた。しかし、2009年にニューヨーク科学アカデミーから発表された報告書『チェルノブイリ――大惨事が人びとと環境におよぼした影響』(Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment)の執筆者の一人であるロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士は「鼻血とリンパ腺の腫れは相当程度の被ばくをした兆候である」と警告する。
 
また、北海道がんセンターの院長、西尾正道医師も「これだけ沢山の人が同じ症状を訴えているのであれば、新たな低線量被ばくの臨床症状として医者も認識する必要があるのではないか。」と新しい対応をする必要性を訴える。
 
更に、『内部被ばくの脅威』(ちくま書店)の著書があり、原爆の低量被ばくに関して発言してきた肥田舜太郎医師は、鼻血や下痢は、低量被ばくの最初の症状だとした上で、この症状が必ずしもいつまでも続くのではなく、次第に「ぶらぶら病」と呼ばれる疲れやすい症状がでるようになる。すると、「なまけている」「さぼっている」などと勘違いされ、非常に苦しい状況に追い込まれるケースが少なくないと指摘する。 


地域でみる放射性物質の影響

ところで、喉の不調や鼻血、下痢といった健康上の不調を訴える人は、どの地域に分布しているのだろうか。放射性物質との関連性を推測するために、地域別に集計してみたところ、一番報告が多かった場所は東京都の166件 、次に神奈川県の46件、3番目に千葉の36件と続いた。以下、福島県と埼玉県が33件、茨城県が13件、宮城県が10件となる。

体調2.bmp

ただ、東京都は人口が1200万人を超すため、人口200万人の福島県などと数だけで比較することはできない。そこで、人口比率で比較してみたところ、1位は福島となり、2位が東京、3位は千葉という結果となった。インターネットの普及率や各県からのOurPlanetTVへのアクセス数などに一定の誤差はあるだろうが、放射性物質の拡散と体調の異変には、ある程度、関係がある可能性がある。

野呂さんは、チェルノブイリの場合、福島市などの高い線量の地域には人は住んでいなかった。なるべく線量の低い地域に移動すべきとした上で、記録を残すためにも、健康状態に不安がある場合は、必ず医者に見てもらうべきだという。今後、健康障害はますまる広がる可能性があり、広範な地域を対象とした、詳細な疫学調査を行う必要がある。
 
チェルノブイリのかけはし
http://www.kakehashi.or.jp/
チェルノブイリ実態リポート翻訳プロジェクト
http://chernobyl25.blogspot.com/
環境クローズアップ「チェルノブイリ: 百万人の犠牲者」
http://www.universalsubtitles.org/en/videos/zzyKyq4iiV3r/
肥田舜太郎講演「内部被ばくのもたらすもの」

放射能で広がる異変〜子どもたちに何が起きているか

http://www.ustream.tv/recorded/16024835
 
【募集】異変アンケート
311以降の異変をご報告ください。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1118


 











posted by ぱわふる at 13:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 内部被曝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

ベクレルの単位 「Bq/kg」 は150倍が世界基準

http://nanohana.me/?p=13393
nanohanaブログより。

2011年3月11日の巨大地震をきっかけに発生した福島第一原発の事故により放射能汚染されてしまった日本。
テレビや新聞に溢れる放射能汚染を顕す数値「シーベルト」や「ベクレル」。

そのベクレルだが、日本では何故か「Bq / kg」を採用しているが、世界基準は「Bq / u」である。
この単位、実は重要なトリックが隠されている。

実は同じ場所の土壌を計測した結果でも、「Bq / kg」で表した方が「Bq / u」で表した場合より数字が小さくなるのである。
しかも、農水省は表土から15センチを採取しているのだが、チェルノブイリなどでは表土5センチを採取しているのだ。つまり、放射性物質が浸透していない部分の土を混ぜて薄めて計測している状態なのである。

以上を踏まえると、
文科省が発表する「Bq / kg」の数値は65倍、
農水省が発表する「Bq / kg」の数値は150倍してやっと世界基準の数値になり、比較することができる。


例えば福島市や郡山市、南相馬市で計測されている1,657,934Bq/kgという数値だが、これを「Bq / u」に換算すると、なんと1億776万5710Bq / uというとんでもない数値になる。

とんでもない数値の場所に人が住み続けているのだ。

posted by ぱわふる at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

木下黄太氏講演会―宇部市

木下黄太氏の講演会が山口県宇部市で開かれます。

瓦礫受け入れ反対の突破口にしたいので、是非多くの方のご参加をお待ちいたしております。

木下さん講演会.JPG

木下さん講演会チラシのウラ.JPG

木下黄太さん講演会@宇部市
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/bee852124cbed7c33524cf8cb8f6ca9f

●日時 2012年5月16日(水) 午後6時開場、6時半開演〜9時終了
●場所 ヒストリア宇部  イベントホール(150人)
http://www.historia-ube.jp/

山口県宇部市新天町一丁目1番1号  TEL.0836-37-1400 FAX.0836-37-1401

●参加費  一般900円 大学生500円 高校生以下100円 
      参加には予約が必要です

(電話・メールで、お名前・ご連絡先・参加人数をお知 らせください) 
●託児 要予約(氏名・年齢をお知らせください)

●主催 木下黄太さん講演会実行委員会
問合せと申込み電話 080-6331-0960  (安藤:小出裕章さんのお話を聴く会)

メール:http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012 





昨年の5月25日に東京の三鷹市で私は木下黄太氏の講演会を開催しました。
311以後、信頼できる情報がまったく入らず、いったい今何が起きているのか
本当のことを知りたいという気持ちから開催したのですが、
同じように不安を抱いている方々がたくさん参加してくださって会場は熱気でむんむんでした。

赤ちゃんを抱っこした若いお母さん。
遠く福島県から参加してくださった方。
100人定員の会場が130人以上の人で埋まり、立ち見の人も多く、
質問もたくさん出ました。

その中で忘れられない質問があります。

「今年の紅白歌合戦をボクはどういう気持ちで見たらいいのでしょう?」

その質問が出た時に、みんな一瞬ぽかーんとしてしまいました。
なぜ紅白歌合戦?
第一、こんな大変なことが起きているのに紅白やるんだろうか?
というか、紅白歌合戦の時にはまだこんなに大変な状況が続いているんだろうか?
収束してないんだろうか?

いろんな思いが駆け巡って。

今振り返ると、紅白歌合戦は例年どおりありました。
そして事態は5月よりも悪化していました。
あちこちでホットスポットが発見され、除染には効果がないことがわかり、
東京都はさっさと瓦礫を受け入れ燃やし始め・・・

私は紅白歌合戦の時には
山口県で原発情報を集めていました。

あの講演会に来てくださったたくさんの方々は避難なさったのでしょうか?
皆さんの必死な表情が思い出されます。
どうか皆さんが無事でありますように。

私は木下さんの講演会を開催した後に、その参加者の方々と勉強会を開こうと思っていました。

それを翌日の日記に書いているので、そこから転載します。
---------------------------------------------

参加しやすい勉強会を   2011年5月26日の日記より

昨日の講演を受けて、皆さん知りたいことがいっぱいあるんだなーと感じて、これからも参加しやすい勉強会を継続して行こうと思ってます。

【参加しやすい勉強会の私のイメージ】

・保育つきで、小さいお子さんがいても気軽に参加できるようにする。
(保育室つきの場所を確保できればgood!)
・イデオロギーの問題にしない(政治、宗教をからめない)。
・各々が抱えている問題(罹災証明がでない、行くあてがない、お金がない、仕事が見つかるかどうか不安、家族構成によって避難できない)などが多くの人に共通すると思うので、それに対応する解決策を探して情報交換する(勉強会仲間で一緒に避難することができれば、安心かも)
・毎日の食事の安全性が心配なので、各市に放射能測定器を買ってもらうよう要望を出す。

小金井市のHPより
http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/keizaika/info/D03040202.html
東京都のHPより
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/news/23/fuhyo/1.pdf

・これからの季節、アイスクリームとか食べたいと思うのですが、原乳がこれだけ汚染されているので、気をつけた方がいいと思います。脱脂粉乳の形状になればクッキー、ケーキも要注意。
・小金井市は20年も放射能を測定してきた実績があるので、それに携わってきた方の体験談をうかがいたい。
・講師の方にも来ていただいて、これからを考えたい。
(個人的には小出裕章氏、石橋克彦氏のお話を聞きたーい)
・「小金井市に放射能測定室を作った会」のHPに、災害対策マニュアルが載ってます。
http://www.ne.jp/asahi/levelzero/earth/index.html

この中から抜粋。
-------------------------------------------------------------
このマニュアルの基本的な考え方は「とりあえず」「自分で」「避難する」ということです。
「とりあえず」とは、その事故が明らかに健康に悪影響を及ぼすとの確信をもつ前にということです。
「自分で」とは、行政の判断や指示に頼らないということです。
「避難する」とは、できるだけ遠くへ事故の起きた施設から離れるということです。


 私たちは「コネティカット州原子力発電所非常事態対策ガイド」を翻訳・作成した後、日本での実効性のある原子力防災対策を探し求めてきました。正直に言って答えは見つかっていません。また、この地震大国・日本で見つけられるはずもありません。国や県などの防災計画はといえば、JCO事故を経験したにもかかわらず、非現実的なものであり、心もとないと言わざるを得ません。

 しかし、今日も原発が稼動し続けている中で、万が一の時に私達だったらどうするだろうと、考え悩み形にしたのがこのマニュアルです。

 ご理解いただきたいのは「我が家だけが助かればよい」という考えでこのマニュアルを作ったのではないということです。避難するタイミングや方法を行政まかせにし、大集団で行動することによって、浴びなくてすむ放射線まで浴びてしまう危険性があると考えたのです。

 このマニュアルでは、ある一つの家族を例にとりましたが、言うまでもなく家族のあり様も千差万別ですし、その特殊性に応じて、家族ごと、あるいは職場、あるいは学校ごとに自主的にマニュアルを作成し、行政はできるだけそれをサポートし、調整するという方が現実的ではないでしょうか?

 チェルノブイリ級の事故が起きたら、市民がパニック状態になるのではないかというご批判があることは重々承知で、あえて問題提起させていただきます。また行政の責任を軽くしようという考えでもないことをつけ加えさせてください。

 このマニュアルをたたき台として、みなさんがそれぞれのマニュアルを考えてくださることを、さらにはこのようなことを考えなくて良い日が一日も早く来ることを願ってやみません。

                              2003年 春
                              小金井市に放射能測定室を作った会
-----------------------------------------------------------
これは、とても示唆に富んだ言葉です。
行政まかせにせず、「とりあえず」「自分で」「避難する」
この方は、もうとっくに避難されているかもしれないけれど、お話をうかがってみたいと思いました。

日記からの転載ここまで---------------------------------------------

結果的には私は(内部被曝によると思われる)体調不良からこの勉強会をたちあげることができませんでした。

これからはこの山口県で、勉強会をやっていきたいと思います。
避難先でできることを精一杯頑張りましょう!




posted by ぱわふる at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。