2012年05月04日

定検中の原発26基核燃料を装てん済み - 再稼働へ電力会社が準備

定検中の原発26基核燃料を装てん済み ― 再稼働へ電力会社が準備
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-03/2012050301_02_1.html?__from=mixi
しんぶん赤旗より。

定期検査中の原発45基のうち26基が核燃料を装てん済みの状態であることが、2日までにわかりました(4月25日時点=表)。現在、原子力安全委員会によるストレステスト(耐性試験)1次評価の確認が終了しているのは大飯3、4号機だけですが、それ以外の原発でも条件が整えば再稼働できるよう、各電力会社が着々と準備を進めていることを示しています。

 日本共産党の吉井英勝衆院議員に経済産業省が提出した資料で明らかになりました。

 「起動準備の整った原子炉」を対象とするストレステスト1次評価の報告書を、4月25日までに電力会社が提出し終えているのは18基。そのうち16基が燃料装てん済みで、未提出の原発も10基が装てんした状態です(福島第1原発5、6号機を含む)。計26基のうち19基は、福島の事故発生後に装てんされたものです。

 核燃料は通常、1年強に1回の定期検査のたびに、4分の1〜3分の1程度を新品に取り換えます。

 経済産業省原子力安全・保安院の担当者によると「起動準備が整った」状態についての明確な規定はありませんが、起動にむけて燃料装てんを始める前までの作業が終了した状態だと解釈するのが一般的だと説明します。燃料装てんとストレステスト1次評価のどちらを先行するかは、電力会社の判断に任せているといいます。

 国内の原発は、事故で廃止された福島第1原発1〜4号機、被災して停止中の福島第2原発の4基、運転中の泊原発3号機を除く45基が定期検査中(事故発生前に定検を開始した16基を含む)です。

再稼働.jpg




posted by ぱわふる at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【災害廃棄物広域処理:現地視察速報】宮城県・仙台市・岩手県(4月30日〜5月2日)

http://blog.goo.ne.jp/nasrie/e/8e0ee4b9675c838510a7f6ba706a6a72
大田区 区議会議員:奈須りえ(なすりえ)日誌より。2012年05月04日 | Weblog

今回の主な目的は、東日本大震災に伴う災害廃棄物広域処理における、被災自治体から処理を受託した県の役割と自治体内処理が可能だった仙台市という政令市の比較です。

視察時間を1時間と指定してきた仙台市以外は、ヒアリングに重点を置きました。両県約3時間程度の視察となり、その内容も膨大なことから、特に、私が、今後の災害廃棄物広域処理において重要だと感じた点のみ、取り急ぎ報告します。

===================================

4月30日から5月2日にかけ宮城県、仙台市、岩手県に視察に行ってきました。
今回の視察での簡単な報告・情報提供です。

■災害廃棄物処理量見直し■

現在、両県では、災害廃棄物の処理量を見直しています。

■災害廃棄物処理量見直しの視点■

特に、宮城県では、
1.津波ごみの総量の見直し
2.仮説焼却炉の施設間処理の融通
3・県内既存焼却施設などの余力調査

により、処理量が減ると考えています。


実際には、
1.津波が、思ったよりたくさんのがれきを海に運んでしまった。
2・仮説焼却炉での焼却が見込みより早く進み、広域分として考えていた分を広域にまわさなくても現地で処理できる見込みになった。
3.これまで行ってこなかった
(これは宮城県。岩手県は既存施設の余力も当初から調査しています。)被災していない既存焼却施設​の余力調査を行うことで、広域分を減らせる。

ということです。


■木質可燃物の再生利用■

また、宮城県、岩手県、仙台市の3か所のヒアリングを通じ、処理を重ねる中で変わってきていると感じたのが、木の再生利用に対する考え方です。

木は、合板材料やバイオマス燃料として使用されているそうですが、当初は、解体材を中心に受け入れが進んでいたものが、ここにきて、解体材以外の当初「よくないもの」とされていた木についても、受け入れが広がってきているそうです。

現在、東京二十三区清掃一部事務組合に搬入され、焼却されているのは、女川町できれいに分別された木に、二十三区清掃一部事務組合の清掃工場への搬入基準に合わせるため、プラスチック14%繊維類6%を混ぜ、焼却しています。

女川町で拝見したとき、t当たり約¥7,000かけて手選別し、なぜ有効活用できないのか不思議に思っていましたが、合板などで活用が広がれば、わざわざプラスチックや紙類と混ぜ、莫大な輸送コストをかけて東京まで持ってきて燃やすなどということも不要になるのではないかと期待しています。

■現地処理困難3品を防災林のマウンド材として検討■

これに加え、現在、最終的に期限までの現地処理が難しい
@可燃焼却物
A安定型品目の最終処分品=ガラス・プラスチック類
B管理型品目の最終処分品=主灰のうち再利用できないもの

を防災林のためのマウンドとして活用できないか確認してもらっている。


環境省が林野庁に要請し、林野庁が新たに何をどう埋め立てられるか技術的問題を検討しているところだそうです。

通常、有機物の国土交通省の埋め立て基準は5%。
確かに、埋め立てに有機物の混入割合が高ければ、有機物が分解し地盤が下がるなど問題が生じるため、慎重に行う必要があります。


しかし、使用目的により要求される強度も異なります。目的に応じた有機物の混入割合、有害物混入を考えた安全策など検証結果に期待します。

林野庁の検討結果によっては、広域処理量が大幅に減る可能性がでてきました。

また、何をもって「現在決まっている」広域分になるかも重要です。
東京都の場合、50万トンの受け入れを表明していますが、「決まっている」のは50万トンなのか、既契約分10万トン余なのか気になるところです。


連休明けには、広域処理分の見直しが公表される予定だそうです。

■必ずしも広域処理を望めない被災地の理由■

最後にひとつ加えてお話ししたいのが、広域処理を必ずしも被災地では望んでいないということです。もちろん、災害廃棄物の処理をすすめたい。また、現状、現地で処理できないものを受け入れてもらうことについて、被災自治体が感謝していることに変わりはありません。
しかし、だからと言って、遠くまで運送費用をかけ処理すれば、それだけ処理費用もかさみます。


当面の廃棄物処理費用は国により100%補助されますが、災害査定により、かかった費用が、被災自治体の将来的な財政へのマイナス要因につながるのだそうです。

県では、そうしたことも配慮しながら、国に判断を仰いでいるそうです。

阪神淡路大震災の時に、起債がその後の自治体財政負担要因になったことに私たちは学べているのでしょうか。

遠方の複数の自治体が、少量ずつ引き受けることは、煩雑な事務処理負担を招いていないでしょうか。また、遠方まで運び高額な費用で処理することが、被災自治体への将来的な財政負担を強いることにはならないでしょうか。


■被災地支援のため国がなすべきこと■

例えば、岩手県で一番必要なのは、最終処分場(埋めたて地)の確保のように伺っていて感じました。
しかし、そこには、国の認可や費用負担の問題が存在します。


絆や支えあいと言って広域処理を誘導し、九州にまで国が赴き災害廃棄物を持っていくことが支援だとキャンペーンしているのが国の姿勢ですが、本当の支援とは、被災地を長期的に支援できる体制を整えることで、安易な支援により、近い将来の財政負担を強いることではありません。

国がなすべきことは、被災地が望む支援体制をどう構築していくかであると考えます。

posted by ぱわふる at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災廃棄物広域処理に対する要望書の資料 ― 島田市

http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/2012/04/29/%e9%9c%87%e7%81%bd%e5%bb%83%e6%a3%84%e7%89%a9%e5%ba%83%e5%9f%9f%e5%87%a6%e7%90%86%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a6%81%e6%9c%9b%e6%9b%b8%e3%81%ae%e8%b3%87%e6%96%99%e3%80%82/

静岡放射能汚染測定室より。

島田市が瓦礫の受け入れのための試験焼却を決めた事から、
島田市内 6カ所の定点で松葉を採取し、焼却日の前と後、放射能の飛散調査を行い、
その定量結果が出た2月末から約2ヶ月。

環境調査をした私たちも、たった1回の焼却で松葉の汚染が上がる事はない・・
と考えていましたので、有意差を持って焼却後の松葉に汚染が高くなる結果が出て
以来、瓦礫の事ばかり考えていました。

残り灰の測定や松葉の汚染調査だけでは、測定値が国の基準値以下であれば、
法律的に瓦礫の焼却を止める事は難しく、島田市は本焼却を決めました。
そして、なぜか全国で次々に受け入れを表明する自治体が出てきています。

有害物質を広げ、焼却処理するのは、放射能の問題だけではありません。
現地の処理施設を作っているはずなのに、なぜ、遠くに運びたいのでしょうか?

取材をし、資料を調べ、また取材をし、祈り、祈り、祈り・・・。
危険と証明できない事を言い募るのではなく、
事実として、瓦礫は現地で処理できる!!というデータを集約し、
書きたかった内容でようやく、やっと、要望書がかけました。

まずは環境大臣あてに要望書を書きました。
賛同署名を集めて、直接、届けます。
要望書と、署名用紙は昨日のブログに掲載しました。
http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/2012/04/28/

要望書の中に挙げた資料1〜6は、
是非、皆さんにも読んでいただきたいです。
そして、共感していただけたら、ぜひ、賛同して下さい。

集大成は『なんで?どうして?広域処理』のチラシ(資料6)です。
力作です!資料 6なんで?どうして?広域処理_全国版ver21どうぞ、皆さんで使って下さい。




なんでどうして1.JPG




なんでどうして2.JPG





まだ、出来ることがあります。
まず、少しでも多くの人が知る事と、気持ちを声にする事です。
災害瓦礫は、現地で資源として活用し、どうしても焼却すべきものは、
被災地の焼却場で充分処理出来ることを、もっと、もっと知らせてください。

賛同署名をトラックいっぱいにして、環境省に届けます!!
皆さんのお力を貸して下さい。


2012.4.28   馬場利子記

−−−−−−−–
要望書資料(pdfファイル)
資料1 震災瓦礫処理能力調査報告20120503 更新しました(2012/5/3)。
    瓦礫は被災地で充分に処理できます。

資料1-1.JPG



資料1-2.JPG



資料1-3.JPG




資料2 島田試験焼却炉内結果    溶融炉内から放射能が消えています。何処に行ったのでしょう?


結果1-1.JPG



結果1-2.JPG



結果1-3.JPG



結果1-4.JPG






資料3 島田市溶融炉フィルターを考える    バグフィルターについて


バグフィルター1.JPG



バグフィルター2.JPG



バグフィルター3.JPG




資料4 島田市の試験焼却前後における松葉の放射能調査結果について    瓦礫試験焼却についての松葉による環境調査レポート



松葉図2.JPG


資料5 最終処分場は安全に有害物質を保管できるとは限らない    最終処分場は安全に管理できていません。





資料5最終処分場は安全に有害物質を保管できるとは限らない.JPG


資料 6なんで?どうして?広域処理_全国版ver21    瓦礫の広域処理の問題点チラシ ご活用ください!



http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/2012/04/29/%e9%9c%87%e7%81%bd%e5%bb%83%e6%a3%84%e7%89%a9%e5%ba%83%e5%9f%9f%e5%87%a6%e7%90%86%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a6%81%e6%9c%9b%e6%9b%b8%e3%81%ae%e8%b3%87%e6%96%99%e3%80%82/%e8%b3%87%e6%96%99%ef%bc%96%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a7%ef%bc%9f%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%ef%bc%9f%e5%ba%83%e5%9f%9f%e5%87%a6%e7%90%86_%e5%85%a8%e5%9b%bd%e7%89%88ver21-2/
posted by ぱわふる at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。