2012年05月08日

萩市の瓦礫に関する動き

萩市の瓦礫に関する動きについて検索したところ、こういうブログを見つけました。
萩市議 関 伸久さんのブログで経緯を知ることができます。

こういう正論をきちんとおっしゃる議員さんが萩市にいらっしゃることがとても心強いです。

明治維新胎動の地「萩」で想ふ「関 伸久」のつれづれブログ
http://ameblo.jp/nobuhisa-seki/entry-11201601767.html



東日本大震災のがれき受入れに疑義を呈した理由(パート1)
http://ameblo.jp/nobuhisa-seki/entry-11201601767.html
2012-03-23 21:40:47 posted by nobuhisa-seki
テーマ:萩市議会通信

昨日、萩市議会の3月定例会が閉会となりました。

この3月定例会は来年度(平成24年度)予算を審査するとても重要な定例会となりました。
そして、弥富診療所の入院施設を再設置して欲しいとの請願もありました。
昨年の3月定例会では今年度(平成23年度)予算に反対しましたが、
今回は特段の問題もなく、すべての予算について賛成しました。

今後、折りに触れて目玉の事業内容や請願に対する小生の考えについて
このブログで触れていきたいと思います。

さて、今日お伝えしたいことは、この予算にかかわることではなく、
この3月定例会最終日に議員提出議案として、本議会前の全員協議会に
諮られたある議案についてです。

その議案のタイトルは、こうあります。

「東日本大震災で発生したがれきの受け入れに関する要望決議」

そして、その内容はこう締めくくられています。

「・・・通常の廃棄物相当と判断されるものについての受け入れに対する
自治体への協力を求めるなど山口県の積極的な対応を要請します。」と。


要は、萩市議会として、東日本のがれきを積極的に受け入れる用意があるとの発信です。

この議案については、かなりの違和感を感じたことから、疑義を呈し、結果として、この3月定例会での議案上程を取り下げてもらいました。

しかし、この議案の提出議員サイドは4月にも臨時議会を開催し、この議案の採決を諮る(賛成に持ち込む)考えです。

なぜ、小生がこの議案に違和感を感じたのか。

これについては、明日以降のブログで詳しくお伝えしていきたいと思います。



東日本大震災のがれき受入れに疑義を呈した理由(パート2)
http://ameblo.jp/nobuhisa-seki/entry-11204998137.html
2012-03-27 11:43:54 posted by nobuhisa-seki
テーマ:萩市議会通信

東日本大震災のがれき受入れに対する違和感。

その一つは、予算の編成権、執行権を持たない議会が「がれき処理」を積極的に取扱う異常さにあります。

この国の地方自治は首長をはじめとした執行部と議会の二元代表制を基本としていますが、その役割は大きく異なります。

予算の編成、執行権を有する執行部に対し、議会はそれを審議、決定する役割を担っています。

仮に東日本大震災のがれきを受け入れることになれば、予算措置、そして執行は必ず伴うことから、これを議会主導で要望するとなれば、モニタリング(監視、牽制)の機能は失われてしまいます。

そして、ここで重要なポイントは、予算の編成、執行権を有する執行部がこの問題をどう考えているかが伝わってこないことです。

つまり、萩市の首長である野村市長がこの問題をどう考えるかが、極めて重要だと考えます。

それは、市民も望んでいると思います。

そういう意味では、この問題は議会主導で行うよりは、その必要性があるのであれば、執行部が予算提案し、議会が判断するといった従来通りの議決が望ましいと思います。

ましてや、この問題は現在、日本全体を巻き込む程の極めて重要な問題です。

執行部と議会の審議により、より慎重に、そしてより民意を反映させた意思決定でなくてはなりません。

次回は、このがれき受入れについての個人的な考え方をお伝えして、このコラムの最終回とします。


東日本大震災のがれき受入れに疑義を呈した理由(パート3)
http://ameblo.jp/nobuhisa-seki/entry-11209487444.html
2012-03-31 22:09:59 posted by nobuhisa-seki
テーマ:萩市議会通信

このコラムの最終回となる今回は、がれき受入れに関する個人的な見解を示しておきます。

東日本大震災のがれき受入れは、今、全国的な話題となっています。

地方議会の3月定例会に合わせて、この決議が全国で諮られた為、マスコミ等を通じ、大きく報道され、みなさんの知る由となりました。

まずは報道のあり方についてです。

この期間における報道のスタンスとして、がれき受入れをしないことは「悪」だとする論調が多く目につきました。

被災地の復興を行うには、がれきの早期の処理が必要であり、それを全国の自治体が態度を率先して表明し、行動をするべきだと・・・。

これは地方自治を完全に無視した論調であり、与するに値しません。

いつかのコラムでもマスコミのあり方を論じましたが、ちょっと一方的な印象を受けました。

次に民主党政府の対応の遅さです。

東日本大震災のがれきを広域処理する為の協力要請は各都道府県知事宛に内閣総理大臣の名前で3月16日に行われています。

震災から1年を経過してからの要請は、それが良いか悪いかを別にして、あまりにも遅すぎます。

そして、次に萩市議会の対応です。

3月定例会最終日の本会議前の全員協議会で、この問題をはじめて協議しました。

かくも重要な議案が当日の当日になって、議員に諮られる・・・。

会派の代表ですら、当日まで知らなかったというあり様です。


それでは、いつ、この問題について、市民の声を聞くのでしょうか

議決の後では遅すぎます。


この全員協議会の場でも、市民・住民のコンセンサスは得ているのかとの発言もありました。

また今回のがれき処理は、放射能による汚染リスクもあることから、拡散させず、集中して処理すべきだとの指摘もありました。

そして、小生からはなぜ急ぐのかということを問いました。


国からの具体的な説明は3月26日に行われるとのことでしたので、その説明を前に議決を諮るというのは、少々拙速な感がします。

進取の精神には敬意を払いますが、今回は複雑な問題が介在しています。

最初に手を挙げるのではなく、様子を見ながら、市民の声を聞いて慎重に進めていく問題と考えます。

前述の各議員の発言、指摘には大いに賛同できます。

特に清掃工場周辺の住民の理解が得られるかが大きなポイントです。

国は被災がれきは安全だと主張するかもしれませんが、どこまで担保できるかは不透明です。

また安全基準が変わることもよくあることです。

最後に東日本の被災がれきをなぜに遠路はるばる萩まで持ってくるのでしょうか。

輸送コストは国の全額負担とは言え、極めて大きなコストです。

それはすなわち国民負担にもなります。

財政が厳しい折、片や増税、一方ではコストを無視した政策を展開したのでは本末転倒です。

ここは国がリーダーシップを発揮し、被災地を直轄地として買い上げ、そこに被災がれきを集中して処理する施設を建設した方が効率的で、経済的です。被災地の雇用も期待できます。


心情的には、被災がれきを受入れ、復興を手助けしたいとの思いもあります。

これは小生だけではなく、萩市議会の議員みなさんに共通する思いです。


ただ、それを受入れるには、もっと時間をかけて、市民の声に耳を傾けて慎重に判断すべきだというのが結論です。

「NO!」という声が多ければ、被災がれきの受入れをしないというのも、一つの答えです。

posted by ぱわふる at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【追記あり】がれき受け入れ、国に判断基準求めよ 萩市議会が県に要望決議 /山口

このブログで以前に「山口県萩市議9人 石巻市内がれき処理で視察」という記事をアップしましたが、7日に以下の要望を決議したと報じられています。

しかし、「放射能線量が極めて低いことなども分かった」という萩市議のコメントですが、実際にご自分で測定なさったのでしょうか?視察で説明を受けただけでこれを判断したとすれば、あまりに安易だと言わざるを得ません。市民の健康を守ることが第一である市議さんたちには、もっと慎重な判断を求めたいと思います。

*萩市議さんが測定なさったという石巻市議のブログを見ましたが、どういう機種でどういう方法で測定し、どういう数値がでて「極めて低い」と判断なさったのかが不明です。そこをはっきりと開示してください。

がれき受け入れ、国に判断基準求めよ 萩市議会が県に要望決議 /山口
毎日新聞 2012年05月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20120508ddlk35040365000c.html

 萩市の臨時議会が7日開かれ、「東日本大震災で発生した岩手県及び宮城県における災害廃棄物の広域処理に関する要望決議」を賛成13、反対12で議決した。今月末にも知事宛てに送付する。

 萩市議の有志9人は4月、被災地の宮城県石巻市や岩手県大船渡市などを視察。決議はこれを踏まえ、「災害廃棄物の放射線量の状況や災害廃棄物置き場などの説明を受け、放射能線量が極めて低いことなども分かった」とした。また、県に対しては「政府の広域処理への協力要請の趣旨に沿い、科学的な放射能の影響の検証、測定値の公表、焼却灰の処理に安心である判断基準を国に求める」ことなどを要請している。

 討論では「(決議は廃棄物を)受け入れる受け入れないでなく、議論ができるよう国に説明を求めるものだ」「賛否が二分する問題を議会が独断で議決すべきでない」などの意見が出された。【川上敏文】
〔山口版〕

【追記】ごとう兼位(かずひこ) ハート&ハート活動日記より。
http://goto-kazuhiko.jp/cgi-bin/diary/2012_4.html

この方は石巻市議会議員だそうです。

■2012年4月12日(木) の日記

<<萩市議会議員来石>>

山口県萩市議会青木賢次議長をはじめ9名の議員が石巻地区を行政視察。今日は女川町を視察した。夜、青木議長ほか萩市議の皆さんと懇談する機会を得た。
山口県萩市は、石巻の開祖と称されている川村孫兵衛重吉翁の出身地(長州阿武出身)だ。その縁で、萩市からこれまで1,000万円の見舞金が送られている。さらに、萩市のロータリークラブが中心となり、震災で流失してしまった「孫兵衛船」の修復のための募金活動が行われているという。

■2012年4月13日(金) の日記

<<萩市議会有志ががれき置場視察>>

AM9時、山口県萩市議会青木議長をはじめ9人の議員が亀山市長を表敬訪問。グローバル石巻・高橋会長、西條議員とともに同席。青木議長は、萩市野村市長のメッセージを亀山市長に渡した。がれき処理に関して、亀山市長はなかなか進まない現状を説明、その受け入れについて協力を要請した。
萩市議会青木議長は、「がれきの処理なしでは復興はない。今回視察した結果を市民に説明し、受け入れに向けて前向きに取り組む」考えを示した。


がれきの現状視察に同行。川口町の1次仮置場、雲雀野の2次仮置場と工事が進められている2次中間処理施設などを回り、萩市議が直接放射線量を測定、震災前とほぼ変わらない測定値を確認した。その量の多さにはみな驚きを隠せない。
途中、東日本大震災で壊滅状態となった川村孫兵衛翁の墓所跡を視察した。
posted by ぱわふる at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石巻等の廃棄物 仙台で受け入れ(宮城県)

http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/5cbbe4475cdf1a7a61fa8cc63ace6de7
東京23区のごみ問題を考えるブログより。

■石巻等の廃棄物 仙台で受け入れ(宮城県)
‎日テレNEWS24 - 2012/05/08
http://news24.jp/nnn/news8731997.html

奥山仙台市長はきょうの定例会見で、石巻市・東松島市・女川町で発生した災害廃棄物の内、木くずなどの可燃物、最大10万トンを受け入れ、処理する事を明らかにした。早ければ今年7月にも受け入れを始め、市内の災害廃棄物と並行して処理を進める方針。

■震災がれき処理12・3%
新潟日報 - 2012/05/08
http://www.niigata-nippo.co.jp/world/national/2012050801001385.html

 細野豪志環境相は8日の記者会見で、東日本大震災で発生した岩手、宮城、福島3県のがれきについて、7日時点で全体の12・3%の処理が進んだことを明らかにした。細野氏は「各地での処理が進んだことや、がれきの再生利用について関係者の努力があり、ようやく10%を超えた」と評価した。
 3県のがれきの総量は推計で約2250万トン。県別の処理率は岩手11・7%、宮城12・9%。東京電力福島第1原発周辺の自治体で作業が進んでいない福島では8・5%だった。
共同ニュース2012年5月8日

環境省東日本大震災への対応
沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況(平成24年5月7日) [PDF:147KB]New

岩手県
洋野町(ひろのちょう): 45.0%
久慈市(くじし): 29.4%
野田村(のだむら): 5.5%
普代村(ふだいむら): 35.7%
田野畑村(たのはたむら): 6.4%
岩泉町(いわいずみちょう): 0.0%
宮古市(みやこし): 4.7%
山田町(やまだまち): 6.6%
大槌町(おおつちちょう): 2.8%
釜石市(かまいしし): 3.0%
大船渡市(おおふなとし): 37.3%
陸前高田市(りくぜんたかたし): 11.7%
岩手県計: 11.7%

宮城県
気仙沼市(けせんぬまし): 1.9%
南三陸町(みなみさんりくちょう): 2.2%
女川町(おながわちょう): 34.5%
石巻市(いしのまきし): 19.6%
東松島市(ひがしまつしまし): 2.4%
利府町(りふちょう): 100%
松島町(まつしままち): 46.4%
塩釜市(しおがまし): 0.0%
七ヶ浜町(しちがはままち): 12.4%
多賀城市(たがじょうし): 4.3%
仙台市(せんだいし): 18.3%
名取市(なとりし): 31.1%
岩沼市(いわぬまし): 0.1%
亘理町(わたりちょう): 2.5%
山元町(やまもとちょう):0.0%
宮城県計 : 12.9%

福島県
新地町(しんちまち): 26.3%
相馬市(そうまし): 6.5%
南相馬市(みなみそうまし): 1.1%
浪江町(なみえまち) −
双葉町(ふたばまち) −
大熊町(おおくままち) −
富岡町(とみおかまち) −
楢葉町(ならはまち) −
広野町(ひろのまち): 16.4%
いわき市(いわきし): 16.8%
福島県計 : 8.5%


■東日本大震災:がれき受け入れ、知事に中止要請−−科学者会議支部 /滋賀‎毎日新聞 - 2012/05/08
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20120508ddlk25040419000c.html

日本科学者会議滋賀支部震災がれき問題専門委員会(委員長、畑明郎・元大阪市立大大学院教授)は7日、東日本大震災で発生した震災がれきの広域処理の受け入れをやめるよう、嘉田由紀子知事宛てに申し入れた。

 同委によると、がれきの焼却処理や焼却灰の受け入れは、琵琶湖などへの影響が看過できないとし、広域処理について「『被災地支援』の美名の下で全国に拡散させるのは常軌を逸している」と批判。厳格な事前審査と再利用の分別が不可欠な災害廃棄物は、発生地域の近くで処分することが必要と指摘した。受け入れ検討を表明している各市にも同様の要請をするという。【姜弘修】


posted by ぱわふる at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「内部被ばく・ホットスポット・食品基準・がれき」布施純郎医師(小杉クリニック)・中山憲医師(コロンビア大学)5/5NY記者会見(動画・内容書き出し)

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1840.html
みんな楽しくHappy♡がいい♪ブログより。

-------------------------------------------------------

ニューヨークで小出先生方の記者会見がありました。
私はライブを途中から見ました。
小出先生の会見はもう、最後の方でしたが
その後に会見された医師の方のお話しが非常に衝撃的でした。

アーカイブの映像が出ましたので、きちんと内容を書き出しましたヽ(。◕ᆺ◕)ノ



布施純郎医師(小杉クリニック)
ny1.jpg

次の3つのことを主張していきたいと思います。
1 内部被ばくに関した情報の規制が存在し市民の内部被ばくに対する警戒心がなくなっています。
2 首都圏にもホットスポットが存在し、実際の健康被害も出現しています。
3 内部被ばくを軽視した政策、食品基準とがれき処理が実行されているという事です。


1と2を布施が、3を中山が説明させていただきます。

1.内部被ばくに関した情報の規制が存在し
市民の内部被ばくに対する警戒心がなくなっている事


事故当時から今に至るまで政府からは安全であるとの主張のみであり
テレビ新聞からは詳しい情報は得られていません。

政府が発表する被害の数値、汚染の数値などは、
海外等の第三者機関が発表する数値とは食い違うものばかりで
数値が、過少になっているとしか思えない状況です。

日本の多くの医師は内部被ばくに無関心であり沈黙しています。
日本の甲状腺学会などの各医学会などもその通りです。
日本の医師たちは内部被ばくについての学習を受けておらず  
内部被ばくに関する関心を持ちにくくなっています
そして、正確な情報を流さないマスメディアと政府の「安全である」という情報で、
内部被ばくについての関心を持ちにくくなっています。
それで内部被ばくについてですが、
内部被ばくは吸入と食物からの経口摂取による放射能物質の蓄積です。

ECRRなどは
内部被ばくのリスクは外部被ばくのリスクの200倍から600倍
と言っています。
内部被ばくによる被害は癌などの悪性疾患に限らず、
免疫不全や血管障害など様々な疾患に悪影響を与えます。

しかし日本政府は内部被ばくと、それによる健康被害を低く評価しています。

2.首都圏にもホットスポットが存在し、実際の健康被害が出現している事

健康被害については図に示しているように
倦怠感、下痢、鼻血、喉の違和感、胸痛、湿疹などの症状を多くの人に認めます。

ny2.jpg

吾々は今後子どもの甲状腺癌や白血病、
大人のがん、がん以外にも循環器疾患、糖尿病、消化器疾患などの病気が増えてくるのではないかと思っています。

次は日本全体放射性セシウムの土壌汚染マップです。
関東から東北を拡大したものです。

ny3.jpg

関東地方にはホットスポットが散在しています。
ホットスポットは気候条件、風や雨などによって形成される島状に出現する放射能高濃度汚染地帯です。

次は福島県の拡大です。

ny4.jpg

二本松市というところの汚染は文科省の発表では300kベクレル/uとなっています。
それでもここは避難区域ではありません。
現在実際の土壌の計測は12メガベクレル/u以上です。
ここで人々は普通に生活をしています。
これも政府が過小に数値を公表している一つの証拠です。
そしてこの事実は日本のマスコミでは報道されておりません。



3.内部被ばくを軽視した政策
 食品基準とがれき処理が実行されているという事


中山憲医師(コロンビア大学)

ny5.jpg

日本政府は被ばくを軽視して内部被ばくを認めようとしません。
それを示す二つの事があります。

一つはこの食品安全基準
もう一つは汚染瓦礫の処理です。


新しい食品安全基準はお米を含む一般食品が100ベクレル/kg
水と牛乳に関しては10ベクレル/kgと50ベクレル/kgです
そこでベラルーシの基準を見てみます。

ny6.jpg

水は同じですが主食のパンについてはベラルーシが40㏃に対して日本は100㏃です
そして乳児用の牛乳はベラルーシが37ベクレル/kgに対して日本は50ベクレル/kgです。

わたしたちはこの新しい基準でも緩すぎると思います。

なぜならば循環する食品の50%が汚染されているからです。
ICRPの体内蓄積のグラフを見ますと

ny7.jpg

もし1日に10ベクレル/kgの食品を食べ続けたら、
600日で1400ベクレル/kg身体に残留します。
ユーリ・バンダジェフスキー先生の論文では、
1400ベクレルの体内残留は約半数に心電図に異常がでるレベルであると述べています。
ですので我々はこの基準は不十分と考えています。

次はがれきについて
日本政府はがれき約50億ポンド。
可能であればそれを燃やして、燃やせなければそれを埋め立てようとしています。
これは焼却場の図です。

ny8.jpg

島田市という焼却場で実際に試験焼却をした結果です。

34万3445ベクレルのがれきをまず捨てます。

ny9.jpg

それを燃やした結果、煙突からは11万1912ベクレルが大気中に拡散した。

ny10.jpg

ガスになった放射性物質は約32%は大気中に拡散することになります。
日本政府は福島原発事故を再現させようとしています。

放射性物質は世界中に拡散していきます。
そして出てきた灰を海洋へ埋め立てようとしています。
甚大な海洋汚染につながります。
全く理解できない行為です。
原発事故による被害はその国だけにとどまらず世界中に拡散してしまいます。

以上の経験を踏まえて世界の安全安心のために我々が提案することは3つあります。

1.原発、放射線にかかわる情報には透明性が必要である事。
2.内部被ばくに注目し診断技術や病態解明に力を注いで周知させる事。
3.原発事故は世界規模の災害となるため世界全体で縮小するべきものであること。


以上です。ありがとうございました。


中山医師が会見中で使っている島田市のがれきの資料です↓
島田市”がれき”試験焼却結果と医師団による意見書 /バグフィルターによるセシウム137の除去率は60%程度だった。

海外の方に今の日本の現状を正しく知っていただけるチャンスだと思いました。
この情けない日本の政策を広く世界に広めることは、
一つのいい方法かもしれないと思いました。




--------(島田市の瓦礫試験焼却に関しての説明部分一部転記)-------
がれき受け入れについて医師の立場からの意見書
放射能防御プロジェクト医師ネット

二次被曝と内部被曝

(結論)
がれきの受け入れは、国の規制内の汚染濃度であっても、総量では莫大な汚染と二次被曝を招きます。

(理由)
例えば、100Bq/Kg を5 万トン受入れると、
放射性セシウムの総量は100×50000×1000=5000000000(50 億)Bq になります。
例えば、その内のいくらかでも環境内へ流出すれば、周囲住民の内部被曝につながる可能性があります。

先に、試験焼却を行った島田市の焼却場からは、
10tのがれきから11 万Bq が流出した可能性
が指摘されています。

小児は成人よりも感受性が高く、30,40 年以上と長期にわたって影響が及ぶことを考えると、被害は甚大です。
このように濃度ではなく、総量に目を向けて考えねばなりません。

可燃物を受入れ焼却した場合、焼却場のフィルター能力にも大きな問題が出てきます。
バグフィルターはそもそも取り扱い上のトラブルが多いと言われています。
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が99 年度からはじめた
「都市ごみ焼却施設におけるバグフィルターに関する調査」 を参照してください。

また、フィルターの目の粗さにも問題あります。
通常の焼却炉温度は1800℃、フィルターの目は100nm(ナノメートル)です。
代表的な放射性物質の原子直径と沸点は、
セシウム:0.53nm・671℃ ストロンチウム:0.43nm・1382℃ ヨウ素0.28nm・184.3℃です。
つまり1800℃の焼却炉においては、これら3 種類の核種は気化してしまいます。
フィルターと原子直径を比べますと、熱膨張を考慮しても、ザルのようなものです。
バグフィルターではガスは捕えられず、付近へ二次被曝をもたらすことになります。

汚染焼却灰についても、たとえコンクリートで固めても厳密な管理は極めて困難であり、環境流出は防げません。
地下水への浸透、海への流出、生物濃縮による付近住民への影響は必至です。

焼却場とその付近に関しては、以下の問題を解決する必要があります。

●試験的に処理するのになぜ安定性セシウムでせずに、放射性セシウムを使うのですか?
●放射能で汚染された濃縮灰はどうしますか?
●誰が扱うのですか?
●吸入被曝は考慮されていますか?
●灰はどのような形で処理されますか?
●最終処分場からの流出はないのですか?
●それはどこが管理するのですか?
●定期的な観察はされるのですか?
●いつまで観察されるのですか?
●ガスとなって拡散した放射性物質はどこに行くのか計算されていますか?
●焼却場の施設内に蓄積した放射性物質はどう処理するのですか?
●焼却場を解体せねばならない事態を想定していますか?
●施設の洗浄水の処理はどう扱うのですか?
●作業員の健康管理はどうするのですか?
●周囲付近住民の健康管理はどのようにするのですか?



posted by ぱわふる at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | がれき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。