2012年04月25日

藤田祐幸氏の講演会が開かれます ― 山口県防府市

藤田祐幸(ふじた・ゆうこう) 元慶応義塾大学法学部助教授 の瓦礫に関する意見(抜粋)  

被曝低減の原則

1 放射能に汚染されたものを拡散させないこと

2 人は汚染された場所から離れること

今、政府がやっていることは、汚染地帯に人を閉じ込めておいて、汚染地帯からガレキを持ち出そうとすること。これは原則と真っ向から対立する。


我々の為すべきことは、被曝の恐怖を分かち合うことではなく、汚染を免れ得た大地を子孫に残すことである。

藤田祐幸氏の講演会が開かれます♪ 

防府市は震災瓦礫を受け入れて大丈夫!?学習会 第2弾

●日時    2012年6月23日(土)13時30分〜16時(予定)
●場所    ルルサス防府
       2階  多目的ホール
      (防府駅徒歩1分)周辺に有料駐車場があります。
●参加費   前売り500円(当日800円)高校生以下無料
●託児    要予約。下記までご連絡ください。受付締切り6月15日(金)

☆講演終了後、講師を囲んで茶話会あり。

環境と自然エネルギーを考える市民の会  代表 大野弘恵


posted by ぱわふる at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266826816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。