2012年04月27日

「条件付き受け入れ」 川越市 がれきで正式回答

「条件付き受け入れ」 川越市 がれきで正式回答
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120427/CK2012042702000118.html?ref=rank
東京新聞より。


東日本大震災で発生したがれきの広域処理問題で、川越市は二十六日、条件付きで受け入れる方針を県に正式回答したと発表した。川合善明市長は先月、がれきの受け入れ表明を求める市議会の決議を受け「前向きに検討したい」としていた。

 川合市長は「(放射性セシウムの)基準値を超える焼却灰が出た場合、がれきの発生地か国が引き取ること」を絶対条件としていた。だが回答では「国の基準値(一キロ当たり八〇〇〇ベクレル)では民間の最終処分場やリサイクル工場での処理が困難」とし「一定以上の放射性物質が検出された場合は、国が責任を持って対応すること」と条件を引き上げた。

 市は焼却残渣(ざんさ)に含まれる放射性物質の「一定以上」の基準値を独自に設ける方針で、基準値によっては受け入れが困難になる可能性を残している。

 市は本年度に見込まれる焼却残渣約一万トンのうち、約五千トンを民間リサイクル工場に回す計画だが、「震災がれきを焼却した場合、受け入れ先を見つけるのは困難」としている。 (中里宏)

posted by ぱわふる at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267383424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。