2011年05月21日

7浄水場汚泥を園芸向けの土に加工する会社への出荷を続ける

7浄水場汚泥を園芸向けの土に加工する会社への出荷を続ける

http://savechild.net/?p=972

放射能汚染から身を守るために、ベランダ菜園を考えていたのに!

子どもを守ろうブログより。
==================================================================
また、汚染物質を出荷です。しかもまだ出荷を続けてます。どうしたらこの動きを止めることができるのでしょうか?

静岡県もお茶の放射線量測定を拒否して安全宣言をしてますね。このままじゃあ日本中のお母さんの母乳に放射性物質が含まれるかもしれません。

----------------------------------------------------------
7浄水場汚泥からセシウムなど検出

2011年05月20日(神奈川)

県などは19日、県内の浄水場の汚泥からセシウムなどの放射性物質を検出したと発表した。河川の水などを処理中に発生する汚泥には安全性の基準はない。ただ、処理後の水道水からは3月25日から検出しておらず、県などは「安心して飲用できる」としている。

汚泥から放射性物質を検出したのは7カ所の浄水場で、県の寒川(寒川町)と谷ケ原(相模原市緑区)。県内広域水道企業団の西長沢(川崎市宮前区)、相模原(相模原市南区)、伊勢原(伊勢原市)、綾瀬(綾瀬市)。横浜市の西谷浄水場(同市保土ケ谷区)。

汚泥は5月2〜17日に採取。最も高かったのは寒川で乾燥処理済みの汚泥1キロから検出した3580ベクレルのセシウム。相模原、伊勢原、綾瀬も千ベクレルを超えた。

県と横浜市は、汚泥のセメント会社への出荷を自粛し、国の判断を待つ方針。同企業団は安全と判断し、園芸向けの土に加工する会社への出荷を続ける。
posted by ぱわふる at 19:24| 山口 ☁| Comment(0) | 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

母乳からセシウム検出!!福島,茨城,東京各都県在住5人

母乳からセシウム検出!!福島,茨城,東京各都県在住5人
http://savechild.net/?p=699

子どもを守ろうブログより。
=================================================================
やっぱり、と言うしかありません。赤ちゃんのいるお母さんたちは、原発事故後の2ヶ月間、食べ物や外出時など放射能に対して最大限の注意をして生活されて来られたと思います。そのお母さん達の母乳から放射性物質のセシウムが検出されたということは注意もしてない人はどういう状態なのかは想像できます。

もっと大規模な調査が必要なはずです。自治体の皆さん立ち上がってください。母乳だけでなく一般の希望者の被曝量を測定する施設を設けてください。[母乳調査・母子支援ネットワーク]の皆様がんばってください!

----------------------------------------------------
「母乳の全数調査を」=5人から放射性物質検出−市民団体

母乳から微量の放射性物質が検出された問題で、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」(村上喜久子代表)は18日、東京都内で記者会見し、放射性物質による汚染が広がっている地域の自治体が母乳の全数調査を行うことなどを求めた。

同ネットワークは先月20日、9人の母乳を調査したところ、茨城と千葉両県に住む4人から放射性物質が検出されたと発表。今回は新たに1都5県の40人を 調べ、福島、茨城、東京各都県在住の5人から母乳1キロ当たり最大8ベクレルの放射性セシウム137が検出されたなどと指摘した。

同ネットワークは「食べ物や飲み物に含まれる放射性物質により、広い地域で母乳に影響が出る可能性がある。国や自治体は多くの調査を行うべきだ」と述べた。(2011/05/18-12:27時事ドットコム)

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011051800351
posted by ぱわふる at 20:27| 山口 ☁| Comment(0) | 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

4月中旬、NHKに一瞬映った 「WSPEEDI」 3月15日被ばく予測マップ

4月中旬、NHKに一瞬映った 「WSPEEDI」 3月15日被ばく予測マップ
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/05/blog-post_16.html

Peace Philosophy Centreより。
================================================================
文部科学省原子力安全課原子力防災ネットワーク「環境防災 Nネット」のサイトにあるように、文科省はダイナミックな三宅島噴火のシミュレーションを作れるSPEEDI−MPというものを持っています。しかし福島事故については公表しておらず、小佐古辞任演説でも情報開示が求められています。

(小佐古辞任文より)--------------------------------------------- 

とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました。

例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。

法令、指針等には放射能放出の線源項の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。また、公衆の被ばくの状況もSPEEDIにより迅速に評価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない。

 初期のプリュームのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開すべきである。

さらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構によるWSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福井県*、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである。 (*原文ママ)
-----------------------------------------------------

「福井県*(*原文ママ)」とあるのは、文脈からも福島県のことだろう。小佐古氏は「福島県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべき」ということで、実際自分はそのデータを見ていてその深刻さを把握しているということを訴えているように聞こえます。

実はこれに相当するような情報が4月半ばNHKニュースで一瞬流れた、との情報が埼玉の自称「天狗」さんから入り、その画面を保存した画像ファイルを送ってくれました。

http://2.bp.blogspot.com/-4pjLB7HUBy0/TdC-qQq2hMI/AAAAAAAAQfM/27PE0r-eXFc/s1600/WSPEEDIMarch16TohokuKantoNHK.jpg

WSPEEDIMarch16TohokuKantoNHK.jpg


私は見たことがない画像だったので驚きました。「天狗」さんによると、これは公表されていないとのことです。このNHKの画面にも、「放射性物質の予測 データ公表見送る」とのキャプションがあります。

「公表見送る」のにどうしてこの画面で公表しているのか不可解ですが、NHKが入手した一部を流したということなのかと察します。

これは「先月(3月)16日に計算されていた」 I-131 infant organ dose 2011_03_15_15H ということなので、放射性ヨウ素131による乳児の臓器被ばくの程度の予測で、3月15日15時時点での積算値ということなのではないかと思います。

文科省が他に公表しているSPEEDIの被ばく線量予測は、3月12日6:00からになっているので、これもその時点からの積算値ではないかと想像されます。

いずれにせよ、一番大量の放射線が放出された後の3月15日午後までのデータだということは意味深いです。

3月14日から15日早朝にかけては福島第一で悲惨な事故が相次ぎました。14日昼前、3号機は爆発しました。これは白煙で覆われた12日の1号機水素爆発とは違い、黒煙が高く上がった爆発で1号機の爆発とは質の違うものだと言われています。

2号機は14日夕方燃料棒全体露出に続き15日早朝、圧力抑制室で爆発がありました。4号機も15日早朝に爆発しました。これだけ大事故が続いた直後の乳児の被ばく予想というのは重要と思います。上記のマップに「天狗」さんは地図を重ね、埼玉県のご自分が住んでいる町がオレンジ色の地帯(1mSV-10mSV)に入っていたことを知り、危機感を募らせました。

http://3.bp.blogspot.com/-DBVapUJUi3k/TdC-jGmr6LI/AAAAAAAAQfI/RQZQ9R1um_U/s1600/WSPEEDIMarch16TohokuKantoRegion.jpg

これは広く共有した方がいい情報と思い、ここに掲載しました。分析、コメント、情報提供等、歓迎します。(ツイッター @PeacePhilosophy)あらためて、どうしてこのように重要な情報を3月16日時点で計算しておいて公表しないか、人命軽視も甚だしいと思います。

文科省が既に発表したSPEEDI計算結果についてはここをご覧ください。

文部科学省 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による計算結果
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/index.html

文科省東日本大震災関連情報
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/index.htm
posted by ぱわふる at 20:39| 山口 ☁| Comment(0) | 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。